筋肉痛

 

筋肉痛

 

激しいスポーツ トレーニングをした後、

 普段使わない筋肉を使った後、

 腕、肩、首すじ、背中、胸、腹筋、太もも、足、などの

 筋肉がパンパンに硬くなって、筋肉痛になり

 朝起きるのが辛くなります。

 

スポーツやトレーニングで

 筋肉を激しく伸縮することによって、

 沢山のエネルギーを消耗します。

 漢方で、沢山のエネルギーは、

 気(き)、血(けつ)、津液(しんえき)となります。

 

 気 血 津液が消耗すると

 筋肉は収縮して、固くなり、筋肉痛を生じます。

 筋肉が収縮すると、

 筋肉の中の血管も収縮して、血流が悪くなり、

 新しい血液が筋肉に届かなくなり、さらに筋肉は、収縮し、

 固くなり、筋肉痛がひどくなります。

 筋肉痛の時に、無理に関節を動かすと筋肉が損傷して

 肉離れとなり、

 筋肉痛が慢性になると、筋肉がやせ細ってきます。

 

漢方の言葉に、

 「不通即痛」(ふつうそくつう) という言葉があります。

 「通じざれば、すなわち痛む。」

 気 血 津液が届かないと、痛みを生じる という意味です。

 血流を改善して、

 筋肉にエネルギーである、気 血 津液を送るために

 活血薬(かっけつやく)である

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 

「不栄即痛」(ふえいそくつう)とは、

 栄養 エネルギーである気 血 津液が

 不足すると、痛みを生じる という意味です。

 栄養を持つ血液を作り出す

 婦宝当帰膠(リンク)を加えて用います。

 気 血 を作り出し

 筋肉に栄養を流し 筋肉を作り出すために

 補中丸を加えます。

 

細胞に潤いを与える津液が不足すると

 筋肉、スジは引きつります。

 筋肉の細胞に津液を与え

 筋肉の中に残る熱を鎮めるために

 麦味参顆粒(リンク)を加えます。

 

筋肉痛の原因になる

 冷えの寒邪(かんじゃ)、湿邪(しつじゃ)を取り除き

 筋肉、スジを作り出すために

 独歩顆粒(リンク) 

 散痛楽々丸(リンク)を用います。

 

 

加齢により、筋肉がやせ細って、慢性に筋肉痛が続く時

 筋肉、スジに栄養を流し

 筋肉 スジを作り出し 

 筋肉を温めて筋肉痛を改善する

 独歩顆粒を用います。

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   田七人参(リンク)

   香西洋参(リンク)

   2008cc_0920_221847-P9200054.jpg