血管運動性鼻炎

 

 血管運動性鼻炎

 

血管運動性鼻炎は、

 アレルギー性鼻炎と同じ症状、

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目、頭重 

  などの症状を起こしますが、

 アレルギー検査で陰性を示します。

 アレルゲンを特定できません。

 

 血管運動性鼻炎の原因は、自律神経の異常

 副交感神経の異常によって起こると言われています。

 朝晩の温度変化、血流の異常、ストレス、

 化学物質、天候の変化、臭い、環境の変化

 などによって、アセチルコリンが分泌されて、

 鼻粘膜の細胞から滲出液がにじみ出て

 鼻粘膜がむくんで

 水様性鼻汁が分泌され

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり などの症状が起こると考えられます。

 血管運動性鼻炎は、

 特に温度変化によって引き起こされる

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、頭重が最も多いと考えられます。 

 

血管運動性鼻炎は、特に気温の変化、

 早朝 冷たい空気を吸った時 

 暖かい部屋から 冷たい戸外へ出た時

 冷房の部屋に入った時などに多く発症します。

 風寒の邪が体内に侵入した時に起こります。

 

 風寒の邪から身体をまもる作用を衛気(えき)といいます。

 衛気の作用が弱まった状態を衛気虚(えききょ)と言います。

 衛気を丈夫にすることを、

 皮膚粘膜にバリアーを張って、

 皮膚粘膜を守る、益気固表(えっきこひょう)と言います。

 免疫力を高め免疫力を調節して、

  風寒の邪から身体を守る黄耆

 風寒の邪を追い出す防風

 風寒の邪が侵入して、鼻の粘膜の細胞に滲出液がたまり

 鼻粘膜がむくみ、鼻づまり、鼻水、くしゃみを起こす

 痰飲をさばく、白朮が含まれ

 自律神経の働きを調節するために

 益気固表作用の 

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 

血流が悪く 鼻粘膜がむくみ鼻づまり を起こし

 くしゃみ、鼻水を起こすオ血(おけつ)の時には

 血流を改善し 自律神経の働きを調節し、

 鼻粘膜のむくみ、鼻づまり を改善するために

 冠元顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。

 

基礎代謝が低く

 冷えが強い陽虚(ようきょ)の場合には、

 新陳代謝を高め 自律神経の働きを調節し

 温めて鼻粘膜の水分の代謝を促し改善するために

 補腎薬(リンク) 

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を加えます。

 

ストレスが強く 緊張が強く

 肩や背中が凝る気滞(きたい)の症状には

 ストレスを発散し、自律神経の緊張を解きほぐし

 身体の緊張を解きほぐすために

 逍遥丸(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶を加えます。

 

貧血 冷え性があり疲れやすい

 血虚(けっきょ)の状態には

 新しい血液を作り出し疲れを取り

 自律神経の働きを調節するために

 婦宝当帰膠(リンク)を加えます。

 

鼻粘膜が乾燥して

 鼻粘膜を守る粘液が不足して

 陰虚(いんきょ)の症状を起こす時

 鼻粘膜に潤いを与え 自律神経の働きを調節し

 鼻粘膜を守る粘液を作り出すために

 麦味参顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露を加えます。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 田七人参茶(リンク) 

 シベリア人参(リンク)

 シベリア霊芝(リンク)

 百潤露(リンク)

  花粉症(リンク)

  目の痒み(リンク) 

 

  寒冷アレルギー(リンク)

  アレルギー性鼻炎(リンク)

  蓄膿症(リンク)

  花粉症の体質改善(リンク) 

季節と漢方薬(リンク)

  200w.06.27 048s - コピー.jpg

 

鼻血 鼻出血

 鼻血 鼻出血

 

鼻出血が何度も繰り返します。

 

オ血の鼻血

 血流が悪く、鼻粘膜や、のどの粘膜の毛細血管の血流が悪くなり、

 毛細血管に血液が溜まり、

 毛細血管が膨れて、鼻粘膜がむくんで

 毛細血管が破れて出血します。

 代償月経(リンク)などもオ血の鼻血になります。

 血流を改善して鼻粘膜に溜まった血液を流し、

 壊れた血管を修復して鼻血を改善する

 活血止血剤を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。

 

脾不統血(ひふとうけつ)の鼻血

 貧血気味で顔色に艶がなく、食欲不振、疲労倦怠、息切れ、

 胃腸が弱くて下痢や軟便、動悸や頭のふらつき

 などの症状があり

 皮膚粘膜の毛細血管の壁から

 血液が漏れ出てしまう状態です。

 胃腸の働きを助け

 消化吸収を助けて、新しい血液を作り出し

 血管の壁を丈夫にして

 鼻の粘膜から血液の漏れるのを防ぐ

 帰脾湯を用います。

 

肝火の鼻血

 イライラ、ストレス、肩こり、目の充血、

 自律神経の昂ぶりによって鼻血を伴います。

 ストレスを発散し、自律神経の高ぶりを鎮めて、

 鼻血を治します。

 瀉火利湿顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五涼華を加えます。

 

風寒の鼻血

 悪寒、頭痛、鼻水、発熱など風邪をひいて

 鼻血が出ます。

 体表が冷えて鼻粘膜がむくんで鼻血になります。

 体表を温めて風邪を追い出し、

 鼻粘膜のむくみを改善して鼻血を治します。

 頂調顆粒(リンク)

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 

風熱の鼻血

 のどが赤くはれ、のどがイガイガして、

 のどの渇き、発熱などの風邪をひいて

 鼻血を伴います。

 体表の熱を鎮めて鼻血を治します。

 天津感冒片(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 板藍茶を加えます。

 

腎陰虚(じんいんきょ)の鼻血

 手足のほてり、口渇、不眠、めまい、動悸、耳鳴り

 ドライアイ、乾燥肌、

 身体に潤いを与える津液が足りなくて

 身体の中に虚熱が溜まって鼻血が出ます。

 身体の細胞に潤いを与え

 身体の皮膚粘膜を潤して虚熱を鎮めて

 鼻血を改善します。

 天王補心丹(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 田七人参茶(リンク)

 五涼華(リンク)

 香西洋参(リンク)

 板藍茶(リンク)

 百潤露(リンク)

蓄膿症(リンク)

高血圧(リンク)

 IMG_h1768 - コピー.jpg