耳鳴り 難聴 漢方薬 2

 

   耳鳴り 難聴 漢方薬 2

 

 

 耳鳴りの原因によって、漢方薬を使い分けます。

 

ストレス、イライラ、憂鬱、など自律神経の緊張が続き、

 気持ちの高ぶり、交感神経の緊張によって

 耳鳴りが生じます。  

ストレスを発散し、緊張を解きほぐし、

 自律神経の緊張を解きほぐし

 心を穏やかにして

 熟睡を促し

 心と身体の疲れが取れるために

 天王補心丹(リンク) 

 四逆散(リンク)

 柴胡加竜骨牡蠣湯

 シベリア人参茶(リンク)

 用います。

 

高血圧、狭心症、脳梗塞、高コレステロール、高中性脂肪

 などで血流が悪くなり耳鳴りが生じます。  

 血流を改善し血圧を安定し、コレステロール、

 中性脂肪を代謝し緊張と解きほぐす

 活血化剤の

 冠元顆粒(リンク)

 田七人参茶(リンク)を用います。

   

貧血、疲労、めまい、などで起こる耳鳴りには、

新しい血液を作り出し、身体を温め、

 身体のすみずみに新しい栄養をもった血液を流し、

 身体の疲れを改善する

 補血剤の

 婦宝当帰膠(リンク)

 心脾顆粒を用います。

 

お酒や肉類、味の濃い食べ桃が大好きで、

 からだにコレステロール、中性脂肪がたまり

 耳鳴りが起こる場合、

 コレステロール、中性脂肪を代謝し、血流を改善する

 漢方薬を用います。

 

高齢になり、老化から耳鳴りをします。  

手足が火照り、口が渇き、のぼせるタイプには、

 滋陰剤の

 天王補心丹

 星火亀鹿仙

 香西洋参(リンク)

 血流を改善する

 活血化剤の

 冠元顆粒をくわえて用います。  

手足が冷え、トイレが近く、寒がりのタイプには、

 身体を温め、基礎代謝を高めるために

 補腎補陽剤の

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)

 血流を改善するために

 活血化剤の

 冠元顆粒

 田七人参茶を加えて用います。

 

いらない水分が内耳にたまり

 浸出液が出て

 耳がふさがった耳鳴りには

 水分の代謝を改善する

 利水剤の

 苓桂朮甘湯

 半夏白朮天麻湯を用います。 

 

                   

     2005xx.6.25 045 - コピー.jpg