不妊症と黄体機能不全

 

      不妊症と黄体機能不全

 

排卵後に黄体ホルモンの分泌によって

 子宮内膜が増殖され

 温かく、厚い、柔らかな、ふかふかな子宮内膜に

 受精卵が着床します。

 黄体ホルモンの分泌は約14日続き

 基礎体温の高温期が保たれます。

 黄体の機能が不全となって

 黄体ホルモンの分泌が不足すると

 子宮内膜の増殖できず

 高温期を保つことができません。

 冷たく、薄く、硬い子宮内膜のため

 受精卵が着床できず

 着床したとしても、

 子宮内膜より栄養が受精卵に流れず

 流産してしまいます。

 気血を補う婦宝当帰膠(リンク)

 腎を補う

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)

 星火亀鹿仙(リンク)などを加えて用います。

妊娠しやすい身体に整える(リンク)