春バテ

 

        春バテ

 

桜の花が満開になる春は、

 春バテを感じる季節でもあります。

 身体がだるい、不眠(リンク)、

 昼間に眠気を催す、疲れを感じる、

 やる気が出ない、頭が重い、

 食欲がない、肩こりがする、頭痛がする、

 のぼせを感じる、イライラする、

 動悸を感じる、

 気持ちが沈む、手のひらや、脇の下に汗をかきやすい、

 などの症状が現れます。

 春バテは、五月病(リンク)を引き起こします。

 

春は、寒暖の差が激しく

 気温が変化します。

 入学式は入社式など

 環境の変化する時期です。

 気温の変化や環境の変化は、

 自律神経(リンク)が乱れ

 ストレス(リンク)や緊張をもたらします。

 ストレスや緊張をもたらす交感神経の働きが優位になり、

 リラックスを促す副交感神経の働きが弱まります。

 交感神経の働きが優位になると、

 夜の睡眠を促すホルモンの

 メラトニンの分泌が低下して

 眠りが浅くなります。

 新しい細胞を作り出し

 身体の疲れを取る成長ホルモンの分泌が低下して

 疲れが溜まり、

 身体のだるさを感じるようになります。

 

新しい血液を作り出し

 全身に栄養を流して

 身体を元気にする

 婦宝当帰膠(リンク)

 補中丸(リンク)を用います。

 全身の基礎代謝を高めて

 新しい細胞を作り出す

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)を用います。

 ストレスを発散して

 緊張を解きほぐす

 シベリア人参茶(リンク)

 心脾顆粒を用います。

 

IMG_h3996.jpg